内藤アカデミーブログ

    川崎市中原区にある学童保育教室・学習塾教室『内藤アカデミー』のブログです!

    『お父さん先生の青春物語』の感想

    お父さん先生の青春物語お父さん先生の青春物語
    内藤幸彦

    壮神社 2013-04-27
    売り上げランキング : 871208

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    先日出版されました『お父さん先生の青春物語(1)アメリカ留学編』ですが、おかげさまで好評を博しております。子どもたちから感想が多数寄せられていますので、いくつか紹介したいと思います。

    私はお父さん先生の青春物語を読んで、お父さん先生ってすごいんだな〜とさらに思いました。お父さん先生は子どものときから夢を実現しようと努力をしていてすごいな〜と思いました。私も今、将来の夢はあるんですが、お父さん先生みたいに夢を実現できるためにがんばろうと思いました。本当に英語は、どんな場所でも役に立つんだなと思いました。私の将来の夢は警察官です。英語の勉強をすれば、外国の人と交流したり助けてあげることができると思いました。私もお父さん先生みたいなステキな人になりたいと思いました。
    小6 Tさん

    お父さん先生が中学生になって、一生懸命に英語を勉強しているところを読んで、私もいっぱい英語を勉強して、いろいろな人と話して、旅行に行きたいなと夢をもつことができました。でも、そのような夢を実現させるには、本にも書いてあったように、アルバイトしながらも夜は英会話学校に通うなど、努力がたくさん必要なことが分かりました。たくさんの努力をして留学をしたお父さん先生みたいに、私もがんばってコツコツ勉強を少しでもやっていって、夢が実現できるようにしたいです。
    小6 Sさん

    お父さん先生は、アメリカに留学して他の国の人たちと寮で生活してすごいと思いました。私だったら絶対そんなこと、心細くてできないと思うからです。それに、大学生ぐらいの歳なのに、いろいろなところでいろいろな経験をして、とてもすごいと思いました。それに、やっぱり英語は外国で、とても使われているので、大切だなあと思いました。私ももっと大きくなったら海外に行ってみたいので、英語をがんばりたいなと思いました。この本は、とてもおもしろかったので、2冊目の本も、できたら読んでみたいなと思いました。
    小6 Wさん

    この『お父さん先生の青春物語』を読み、お父さん先生がいろいろと苦労しているということは知っていましたが、思っていたよりもずっと苦労をして、今につながっているということが分かりました。すごいと思ったところは、日本人が一人もいなかったところに行って、英語を勉強したというところです。理由は、英語を勉強するためとは言っても、知らないところに知らない人々ばかりのところでは、私はとてもたえられないからです。また、英語の大切さが分かりました。
    小6 Tさん

    私はこの本を読んでお父さん先生はとても勇気があり、たっくさんの国や地方を渡り歩いてきたとてもすごい人なのだと改めて分かりました。そして驚いたことが8個もありました。1つ目は夜に英会話学校に行くことで、2つ目は飛行機に乗るときに30人以上もの人が見送りに来てくれたことで、3つ目はコーラのビンのサイズがとっても大きかったこと。4つ目はアメリカでは当時バレーボールがマイナーなスポーツだったこと。5つ目は大学の行事の「キス・イン」です。6つ目は体育の時間にプールで5分間泳ぎっぱなしでいないといけないことで、7つ目は190cmくらいの人をぬいて第一ゴールキーパーになったことで、8つ目は1ドル=360円というとても高いお金だったことです。このように本を読んで、私は驚いたことがとってもたくさんありました。こんなに驚いたことがたくさん書いてあった本は今までではないと思うので、読んでよかったです。
    小6 Nさん

    私は『お父さん先生の青春物語(1)アメリカ留学編』を読んで、すごいなと思ったことが3つありました。
    1つ目は小学校のお父さん先生です。私は『なぜ自分はこんな顔をしているのか』など、そういったことは思ったことはありませんでした。でも、最後の『なぜ自分は日本人なのかな?』とは5歳、4歳ぐらいに思いました。
    2つ目は卒業文集です。『日本は狭い、世界へ出よう』とはすごいって感じがしたので、お母さんに『どんなの書いた?』と聞いてみました。とてもすごいことが分かりました。
    3つ目は5分間のプールです。私は泳ぐのがとても苦手です。なので5分間なんてとても無理です。体力もなくなると思います。
    この3つをとてもすごいと思いました。
    小5 Sさん

    アメリカのコーラが日本のコーラの倍あったり、はだかでプールに入った絵がとても印象的でした。アメリカ留学編以外に、他のシリーズも読んでみたいです。英語はおぼえるのが大変だけど、将来役に立つのだなと思いました。相良友紀先生の絵で印象に残ったのは、表紙になっている空港の絵です。大好きになりました。
    小5 Uさん

    私は『お父さん先生の青春物語』を読んで、お父さん先生のジェイさんとタッドさんはとてもやさしいなと思いました。タッドさんは家に泊まらせてくれたりしてよい友だちなんだと思いました。タッドさんのお母さんもお父さん先生がニューヨークに向かうハイウェイまで送ってくれたことが優しいなと思いました。ジェイさんとジェイさんのお父さんが水上スキーに連れて行ってくれたということもとても優しい人だなと思いました。アメリカ人は優しくてとてもいい人だなと思いました。お父さん先生の行っていた大学では『キス・イン』という行事があるなんて面白いなと思いました。最後にお父さん先生は大学での授業で努力をしていたというのがステキだなと思いました。私も努力して将来ステキな人になっていたいです。
    小5 Mさん

    私は英語って何の力になるんだろう?って思っていたけど、お父さん先生の本を読んで英語を勉強したからアメリカに留学できて、外国の友だちもできて、たくさんの経験ができたんだなあと思いました。アメリカではとても面白い授業やイベントがあってびっくりしました。特にびっくりしたのが2つありました。それはキス・インと素っ裸でプールの縁に触れず泳ぎ続ける授業です。キス・インなんて日本ではやらないし、アメリカ伝統のイベントと言うのでびっくりしました。水泳の授業も、プールの縁に触れず泳ぎ続けるなんてすごいと思いました。これを読んで、私はもっと英語をおぼえて、将来役に立てたいと思いました。
    小5 Kさん

    私はびっくりしたことが2つあります。1つ目は学校で水泳のとき、裸で泳いで、しかも5分も泳ぎ続けたことです。普通は水着で入るのに、アメリカでは着ないのがすごくびっくりしました。もし私が男でそんなことがあったら、恥ずかしくていてられなかったかもしれません。2つ目は昼ご飯が1ヶ月ぐらいなかったことです。でも、お父さん先生のお母さんや友だちがご飯をくれたからよかったと思います。私はこの本を読んでお父さん先生のように英語がペラペラ喋れるようになりたいと思いました。
    小4 Yさん


    絵本については、アマゾンで注文可能です。
    内藤アカデミーで注文していただくことも可能です。
    また、出版元である壮神社からも直接お買い求めることも可能です。
    ご注文お待ちしております。

    PageTop

    お父さん先生の絵本が出版されました

    内藤アカデミーの創設者であり、現在は教室長を務めるお父さん先生こと内藤幸彦が、自身の青春時代(特にアメリカ留学時の出来事)を綴った絵本を出版しましたので、お知らせいたします。

    お父さん先生の青春物語お父さん先生の青春物語
    内藤幸彦

    壮神社 2013-04-27
    売り上げランキング : 871208

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    お読みになった保護者の方々からの感想が寄せられています。

    昨日は大変素敵な本をいただきまして、ありがとうございました。
    まだ娘には難しい内容と漢字でしたので、ひとりで読み切るのには時間がかかりそうです。
    読み聞かせで全部母が読みましたが、母の方が感動しました。
    若いときにいろいろな体験をされているのでうらやましくもあり、自分の子どもたちにもできるなら……と思ってしまいました。
    素晴らしい内容と経験。
    第2巻が楽しみです。
    (学童2年生・母)


    お父さん先生の青春物語(1)アメリカ留学編、拝読させていただきました。
    いちばん感じたことは何にでもチャレンジするお父さん先生の凄さです。
    想像ではありますが、当時は外国に行くことは本当にとても大変なことだと思います。
    そんな状況でアメリカに行き、そこでアメリカ人に負けずに生活する、そして何より楽しむということはとても凄いことだと思います。
    子どもたちにもいろいろな可能性やチャレンジすることがこの先たくさんあります。
    お父さん先生のようにやりたいことを見つけ突き進む力を持って欲しいなと思います。
    (学童2年生・母)


    絵本については、アマゾンで注文可能です。
    内藤アカデミーで注文していただくことも可能です。
    また、出版元である壮神社からも直接お買い求めることも可能です。
    ご注文お待ちしております。

    PageTop

    エチオピア支援活動のお知らせ

     今年5月、横浜で開催されます第5回アフリカ開発会議(TICADⅤ)を記念して、現在横浜の小学校が一校一国運動を行っています。それを受けて日本エチオピア協会副会長でもあるお父さん先生が、前回の横浜市立善部小学校に引き続き、今回は横浜市立小坪小学校でエチオピア児童画展を1月24日~2月13日まで行う運びとなりました。
     2月6日にはモカエチオピアダンスグループと小学校へ行き、エチオピアのダンス披露と、エチオピアの学校について話しました。

    DSCF0653.jpg DSCF0654.jpg
    DSCF0624.jpg DSCF0629.jpg
    DSCF0651.jpg

    PageTop

    お父さん先生 慶應義塾大学へ

    12月5日(水)、お父さん先生は慶應義塾大学三田キャンパスに呼ばれて、1時間30分講義をしてきました。『格差と援助の経済学』のゼミでアメリカ留学から世界放浪の旅やエチオピア派遣青年海外協力隊1期生(1972〜74年)の活動や体験談を英語と日本語で話してきました。さすが慶應大学の学生さんたちはよく勉強をしていて、自分にとってもとても良い時間となりました。

      DSCN0302.jpg    DSCN0297.jpg
    DSCN0289.jpg DSCN0288.jpg
    DSCN0292.jpg DSCN0300.jpg

    PageTop

    エチオピア児童画展のお知らせ

     来年、横浜で開催されます第5回アフリカ開発会議(TICAD V)を記念して、現在横浜の小学校が一校一国運動をしています。それを受けて、日本エチオピア協会副会長でもあるお父さん先生が、横浜市立善部小学校でエチオピア児童画展を11月6日から22日まで行う運びとなりました。
     11月22日にはモカエチオピアダンスグループも小学校へ行き、エチオピアのダンスを披露する予定になっています。是非とも足をお運び下さい。

    IMG_0294.jpg IMG_0299.jpg
    IMG_0289.jpg IMG_0292.jpg
    IMG_0293.jpg IMG_0295.jpg
    IMG_0296.jpg IMG_0297.jpg

    PageTop